パパホイホイ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

あーもういちいちメッセージ送るの面倒くさい!

友達から勧められて、パパ活を始めたものの・・・

 

聞いてたのとぜんぜん違うじゃん!

 

サイトやアプリに登録して、プロフィール書いて(あーめんどい。)
写真選んで載せて(奇跡の一枚!)

 

メッセージは来るけど、

 

「彼女探しています」とか「大人3でどうですか」とかばっかりじゃね?

 

「待ってるだけじゃ駄目だよ! 良さそうな相手にはどんどんアプローチしていかないと。女性の方が競争率高いんだから。」

 

ってアドバイスもらったけど。

 

プロフィール見て、一人ひとりメッセージ送るの、だるくないですか?

 

だって、30人に送ったって10件くらいですよ、まともに返事が来るの。
ちゃんとやったら1時間じゃ終わらないですよ。

 

中には、冷やかしみたいな人もいて、実際に会うことができるのはうち1人いるかどうかって感じだし。

 

これで、いいパパに出会えるのなんてかなりの強運の持ち主。

 

実際、一緒に始めた友達は、もう会えないから辞めるって早々に退会しちゃいました。

 

やっぱりそんな簡単じゃないのかなーって私みたいな人、多くないですか??

パパホイホイ

そしたら、すごっくドンピシャなツールに出会ってしまった。

 

それが、このパパホイホイ

 

 

いやいや、ネーミングセンス笑笑

 

って思ったけど、よく読むと、これ、神ツールかも。

 

 

簡単にまとめると。

 

  • 自動で足跡をつけてくれる
  • 自動でメッセージを送ってくれる
  • シュガーダディとペイターズで使える

 

なので、

 

リアクションがあった人とメッセージのやりとりをすればいいだけ。

 

これは、すごいですね。

 

相当楽です。

 

 

気になるパパホイホイの価格は・・・・

 

特別オープン記念価格で

 

7800円

 

えーん。。。

 

 

でも、1回1万円のお手当貰えれば、回収できるかな。。

パパホイホイの口コミは

お金がほしいからパパ活しようとしているのに、7800円のお金を払うのはなかなか勇気がいります。

 

使えないツールだったら泣く

 

優柔不断で慎重な私は、パパホイホイの口コミを調べましたよ。

 

 

でも、全然ないの(泣)

 

 

そりゃそうですよね。

 

よく見たら、「2019/06/20 ver 1.0 公開」だもの。

 

今日は、2019年の7月1日だから10日しか経ってない。
まだ、新しいツールなんですね。

 

口コミがないなら、私が試すしかないじゃない!!!

 

(お金は出せないけど)
(お金は出せないけど)
(試してみたい!!!)

 

ということで、サイト運営事務局に交渉して、「ちゃんと記事書けよコラ」と渋々OKを頂きました。

 

 

ということで、みんな気になるこのパパホイホイをこれから、実際に使ってみて、その結果を報告していこうと思いますのでよろ。

 

ブックマークしておいてね。?

 

 

利用中の出会いサイト一覧

関連ページ

どんな男性がパパ候補?
パパ候補になる人ってどんな人なんでしょうか。
パパ活の相場は今いくら?
パパ活の相場は今一体いくらくらいなのかご存知ですか? これを読めば、楽しいパパ活生活はすぐそこかも。
パパ活に利用している出会いサイト
私が今まで利用したことのあるパパ活に使える出会いサイトを紹介します。
太パパと出会う方法とは
お小遣いをたくさんくれる太パパ、良パパと出会う方法
パパ活で100万円もらうということ
パパ活をやってわかったお金のこと
【知らないと損する】パパ活の相場にだまされるなっていう本当の理由
パパ活なんて相場で活動したら稼げません。 相場以上のお金を稼ぐ驚きの秘密とは!?
パパにデートをドタキャンされたらどうする?
パパ活をしていれば、デートが直前にキャンセルなんて経験は誰にでもあります。でも、その時のあなたの対応次第では、そのドタキャンがパパとの絆を深めるきっかけになったり、太パパへと育てるチャンスにすることができるのです。
焼肉デートはもうウンザリ。食事パパに言いたいパパ子の本音
焼肉デートはウンザリ。夜景の綺麗なレストランはもう飽きたヨ。鉄板焼きに1万円も出すならマックでいいから差額を下さいw.
芸能人やモデルもパパ活してるって本当?
【パパには内緒】パパ活サイトを複数使う本当の理由とは
稼いでいる子がパパ活サイトやアプリを複数使う本当の理由とは
初顔合わせに出かけたら女の子が3人だった話
新しいパパとの初顔合わせは、いつになってもドキドキしますよね。でも、今回はちょっとびっくりしていまいました。それは、なんと合同顔合わせだったのです。
【衝撃】パパ活で危険な目にあった話